イラスト

「神絵師になりたい」を目標にするのはやめた方がいい理由

SNSでイラストを眺めていると、たくさんの”神絵師”さんがいますよね。

いつか私も”神絵師”になりたい!!

とあこがれて、絵の練習している方もいるかもしれません。

ですが、この記事では、

「神絵師になる」ことを目標にしない方がいい

という考えを書いていきます。

神絵師とは?

そもそも、いわゆる神絵師とはどんな人物でしょう?

神絵師の特徴
  • 絵がうまい
  • フォロワーが何万人もいる
  • あがめられている

思いつくのはだいたい、こんな感じだと思います。

しかし、明確な基準はなく、”神絵師”の認定証が発行されるわけではありません

あまり技術が高くなくても、神絵師として周囲を惹きつける方もたくさんいます。

反対に、絵がすごくうまいのにあまりフォロワーも多くない方もたくさんいます。

ようするに、”神絵師”かどうかはその人を見る一人ひとりの主観に左右されるのです。

アリオ
アリオ
ある人からしたら”神絵師”かもしれないけれど、別の人からしたらそうとは限らないんだね

人気になるかどうかは、

  • 絵師さんの描くイラストのターゲット層
  • 絵柄に対する個人的な好き嫌い

などにもよるため、すべての人に認められる神絵師というのは存在しないのです。

反対に、周りはあまり注目しないけれど、あなたにとっては”神絵師”になりうる人だっているわけです。

神絵師とは他人からの評価である

“神絵師”は個人の主観。

つまり、”他人からの評価”です。

そのため、「神絵師になりたい!」と思っている人は、他人からの評価ばかり気にすることになります

  • あの人から神絵師と認められたい
  • みんなから神絵師としてちやほやしてほしい

しかし、他人の考えや行動は、基本的に自分で制御できません

自分がこうしてほしいと思ってもなかなか変えられないものです。
(親くらいはその要望に付き合ってくれるかもしれませんが)

自分では変えられないこと(この場合は”他人からの評価”)に価値を置くことは、途中まではモチベーションにつながりますが、気がつくと自分を苦しめていることもあります。

  • こんなに頑張ってるのにみんな評価してくれない…
  • みんなが好きそうな絵を描かなければ嫌われてしまいそうで怖い…
  • 評価されない自分はダメなんだ……

あなたが描いている絵はすばらしいのに、他人から反応をもらえないだけで自分で自分を追い込むこともあります。

神絵師とは、気が付いたらなっているもの

では、神絵師と呼ばれる人たちはどうやってなったのか……

おそらく「気が付いたらなっていた」という可能性が高いです。

日々、イラストを描き投稿していたら、それが誰かの胸に刺さって広まっていく。

  • 昨日の自分よりも上手くなるために練習する
  • 表現したいことを的確に描く
  • 自分が好きなものを突き詰める

そんな風に描き続けてきたら、気がついたら自分に注目してくれる人たちが集まっていた…というぐあいに。

神絵師になろう、神絵師を目指そうとするものではないのです。

今自分ができることを続けていくことで、もしかしたら神絵師になっているかもしれませんよ^^

人生とは、今この瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那なのです。そしてふと周りを見渡したときに「こんなところまで来ていたのか」と気づかされる。

岸見 一郎, 古賀 史健, 嫌われる勇気, ダイヤモンド社(2013).

そもそも、神絵師になりたいのはなぜなのか?を考える

そうはいっても、神絵師になりたいよ!という人もいるかもしれませんね。

神絵師になってどうなりたいかを考えてみると、少し冷静になるかもしれません。

ちやほやされたい・あがめられたい

自分で自身を認めていないから、代わりに他人に認めてほしいのかもしれません。

ですが、ふしぎなことに他人から認めてもらえたところで満足することってあまりないんですよね。。。

もっと認めてほしい、もっとちやほやしてほしい…

求めまくるサイクルに入るとどんどん苦しくなっていきます。

結局、人は自分自身に認められたいと思っているのです。

まずは、あなた自身が自分の描く絵や人柄そのものを認めてあげてみませんか?

世の中絵がうまい人はたくさんいるけれど、あなたにしか描けない絵はあります

No.1を目指すよりオンリーワンを目指してみると、自分は自分のままでいいんだと思えるようになりますよ。

あなたにしか描けない絵を極めた先に、“神絵師”という称号が待っているかもしれません^^

絵の依頼がほしい

たしかに、画力やフォロワー数に応じてイラストの依頼がくることはありますね。

しかし、それはただ”神絵師”だからというわけではなく、

依頼人の要望に応えてくれそうな絵柄かどうかなど、別の要素も含まれます。

アリオ
アリオ
美しい絵を描く人にコメディな案件は合わない気がするよね

依頼がほしいから”神絵師”になるのではなく、自分がやりたい仕事の要望に応えられるようにスキルアップを目指す。

その方がゴールも明確で絵の練習が苦ではなくなりますよ!

自分がどういう仕事をしたいのかを考えてみましょう。

他人の意見に振り回されない目標を探そう!!

この記事では、”神絵師”は他人の評価に過ぎない。

そして、他人の評価を当てにするとだんだんと苦しくなることを説明しました。

自分の中で完結するゴールを目指してみると、絵の練習は楽しくなります。

そして気がつけば、周りから”神絵師”として見られている未来にもきっとたどり着けるはずです!

ぜひ、自分と向き合って、お絵かきが楽しめる目標を立ててみてください!!

SNSでの「いいね」が気になってしまって辛い方はこちらの記事もどうぞ!