ライフ

自分で意味づけを変えよ!|嫌われる勇気レビュー

大ベストセラーになった『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』をひさしぶりに読み、初めて読んだときよりも理解が深まったので、今回紹介したいと思います。

自分の見ている世界を変えたいと思っている方の参考になれば嬉しいです。

この世界を生きるすべての人に知ってほしい心理学

2013年に瞬く間にベストセラーになった『嫌われる勇気』
――本屋の一番目立つところや電車の広告などで目にしたことがある人は少なくないのではないでしょうか?

この本は、心理学者であるアルフレッド・アドラーの思想を取り上げています。
「人はいま、この瞬間から幸せになれる」と説く心理思想の本です。
アドラー心理学は人の心を的確にとらえており、この世界で人として生きていくうえで、知っておいて損はない心理学であると感じます。

この本は哲人と悩みを抱える青年の対話形式で話が進みます。
その青年に自分が重なる部分もあると思います。

悩みを抱えていたり、この世界に生きずらさを感じている人は、この本を読めばかなり視界が開けるようになるでしょう。

原因論を否定するアドラーの”目的論”

目的論とは

目的論とは、人は今の目的があってその感情や行動を作り出しているという考えです。

過去のトラウマが原因で、今の状態になっていると考える原因論と正反対の考えです。

この目的論の素晴らしいところは、自分が必要としている目的さえ変えれば、今見ているの世界が変わるという点です。

自分を変えるには”無意識にある目的”に気づくことから始まる

アドラーが提唱する”目的論”

この本で論理立てて紹介されており、なるほどと納得できるものでした。
原因論しか知らないでいるよりも、かなり視野が広がる考えであることは間違いありません。

ただ、この目的論を知れたからといって、みんながすぐに変われるわけではないとも感じました。
この”目的”というのは、無意識下で自分が考えている”目的”だからです。
無意識にある目的を自覚できなければ、行動をすっかり変えるのはなかなか難しいと思います。
この本に登場する青年も、哲人に説明されるまで自分の行動目的に気づけていませんね。
私もこれを読むまでは、目的なんて考えたこともありませんでした。
そのことに自然と気がつける人ってどれくらいいるのだろう…と気になります。
無意識って言葉どおり、意識でなかなか認識できないものなので、気づけない方が普通です。

ライフスタイルは後から選び直せる

アドラーはライフスタイル(性格や気質、世界観)を自分で選び取ったものだと考えています。

もしもライフスタイルが先天的に与えられたものではなく、自分で選んだものであるのなら、再び自分で選びなおすことも可能なはずです。

岸見 一郎, 古賀 史健, 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え, ダイヤモンド社(2013).

例えば、アダルトチルドレンで悩んでいる人。

アダルトチルドレンは幼少期の影響が大きいとされています。
自分が幼少期、アダルトチルドレン(的な性格)になることを無意識に選んだのであれば、もう一度選びなおし、改善することができるということです。

これって、すごく希望が持てませんか?

原因論で考えた場合、「人生がうまくいかないのは私がアダルトチルドレンだから…」と原因がわかり、そこで終わってしまいます。
変えられない過去にばかり目を向け続け、人生は少しも変わりません。

しかし、「自分は変わるのだ」という目的を持てば、あなたはこれからどうすればいいのかを考え始めることができます。それが目的論です。

無意識に気づく練習

しかし、その無意識の考えに気づけなければ、今の生き方を変えることはなかなか難しいでしょう。

この本は、私たちに無意識の存在を教えてくれているのです。
自分たちでは気づけていない”目的”があるよ、と。

馬を水辺に連れていくことはできるが、それを呑ませることはできない…

この本はまさに、私たちを水辺にまで連れていってくれる本だと感じました。

「そんなの嘘だ!」と否定し、この本に不信感を持つ人は、無意識の考えにまだ気づけていないとも言えます。

その場合、まずは無意識に気づく練習が大事だなと思います。
たとえば、瞑想やマインドフルネスはその練習としてすごくオススメです。継続して練習すれば、少しずつ無意識に気づけるようになっていくでしょう。

決心が変化につながる

『嫌われる勇気』を読んで「そうか!」と納得しても、それだけでは現実はなかなか変わっていきません。

それは顕在意識では理解していても、潜在意識(無意識)までその考えが浸透していないからです。
潜在意識は意識のうちの約95%を占めていると考えられており、約5%の顕在意識に比べるととても大きくて強力なものだと想像できます。

では、どうすればいいか。。。

潜在意識が変わってゆくまで行動すればいいのです。

意識的な行動をひたすら変えることによって、少しずつ潜在意識にもその考えが浸透していきます。

しかし、その潜在意識を変えるということは、潜在意識が今抱いている目的に反した行動をとっていくことになります。
自分の目的のために、今の状態があるのですから、それはもう恐怖でしかないと思います。

そのための”勇気”…本のタイトルが最高過ぎますね(´-`)

また、潜在意識を変える方法は他にもいろいろあると思いますが、

  • 瞑想・マインドフルネス
  • アファメーション
  • 潜在意識の書き換え

といったことは有効なんじゃないかなと思います。

しかし、先に述べたように潜在意識はとても強力なもの。。。
生半可な行動では、そう簡単には変わりません。

自分を変えるのには、確固たる決心と相当な努力が必要であることが予想されます。

私の体験とすり合わせた気づき

わたしは『嫌われる勇気』を読んで、目から鱗がたくさん落ちました。

アドラー心理学とこれまでの人生をすり合わせたとき、自分が選び取ったライフスタイルも見えてきて肩から力が抜けた気分です。
そして、これまでライフスタイルを手放し、もう一度選びなおそうとも思っています。
一つの例として参考になれば嬉しいです。

ずーっと競争していた人生

中学生になったときのこと。
私の前には、小学校にはなかった定期試験が現れました。点数だけならまだしも、偏差値、順位までもが個人に知らされました。

私はプレッシャーと自分の承認欲から、トップに立つために勉強に打ち込みました。
小学生のときにはなかった「競争」という意識が芽生えた時期でした。

その後、競争意識がベースとなった私は、進学先・就職先までも無意識に他人と比べていたと思います。

競争意識は向上心にも繋がっていて、自分なりに努力した結果、うまくいっている時期もありました。
しかし、どれだけ順調にいっているように見えても、心の中では常にこの場所から蹴落とされないようにと緊張や不安が付きまとっていました。
やはり、周りを「仲間」とは思えていなかったと思います

言い訳に過去の記憶を持ち出す

こんな生活を無意識に送ってきたある時、私は大きな挫折を味わいました。

これは、他人と競争しているという意識があったからこそ生まれた挫折感でした。競争意識を持っていなければ、挫折とも思わなかったんじゃないかという体験です。

私は、それを機にいろいろと自身を振り返りました。原因を探るためです。
どうしてこうなったのか…

私は幼少の頃、こういうことがあったから…
アダルトチルドレンだからこうなった…
HSPだから生き辛いのだ…

全てを原因論で考え、その挫折感から自分を守るためにあれこれと過去の記憶を持ち出しました。そうやって自分の中で言い訳をひたすら繰り返すことで、自分が傷つかないように守っていたのです。

アドラーはトラウマの議論を否定するなかで、こう語っています。「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない。われわれは自分の経験によるショック――いわゆるトラウマ――に苦しむのではなく、経験の中から目的にかなうものを見つけ出す。自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである」と。

岸見 一郎, 古賀 史健, 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え(2013).

諦めと共に

その後、私は病気になりました。
関係あるのかわかりませんが、こんな考え方をしていたら病気になるのも不思議ではないなと思いますね。。。

この病気を機に、私はさらにいろいろと考えた結果、「あきらめ」に繋がりました。

つまり、競争を下りることにしました。
競争をやめ、自己受容をする。

すると、不思議なことに過去の記憶を言い訳として持ち出すことがなくなりました。
もちろん、その記憶は残っているけれど目的のために使わなくなりました。

そして、今これから何をするのかを考え始めるようになりました。
視点が過去から今に向いた瞬間でした。

アドラー思想はスピリチュアルに被る部分がある

私は病気になったのを機に、スピリチュアル関係の知識を自分に取り入れてきました。

その後、『嫌われる勇気』を読んでみると、アドラーの思想はスピリチュアル業界で言われていることとかなり近いように感じます。

目的論は、思考は現実化する…引き寄せの法則に近いものを感じるし、共同体感覚、過去も未来も存在しない、今ここを生きるなど、スピ関係の人が繰り返し言っていることだなぁと読んでて思いました。

「他者貢献」により幸福感を感じるというのは、スピリチュアルで言えば霊的成長や徳を積むということになると思います。
「貢献感」で幸せを感じることができるように人間を作ったこの宇宙ってほんとよくできるなぁ!と感心しました。

しかも、この「貢献」は主観的な「貢献感」でいいというのはとても有益な情報でした。

人は経験を通して理解する

私は「嫌われる勇気」に出会って7年くらい経ちます。
初めて読んだときの感動はすごいものでした。
この本に出てくる青年のように、話が進むにつれ世界が変わったような気になっていました。

しかし、私は読んですぐに考えが変わり、人生を変えられたかというと全くそうではありません。
結局、読んだことは一瞬の感動として終わり、いつもの生活に戻っていました。

そして前述したように、私は考えを変えられず、挫折や病気を経験します。少しずつ自分の人生の歯車が狂い出し、極限まで追い込まれた状態にきたとき。
自分で心底、変わりたいと思ったとき。
改めてこの本を読み返し、初めて本当の意味で内容が分かったような気がしました。

そして、ライフスタイル(意味づけ)を変えようと決心しました。

人生が180度変わったかというとまだまだだけど、少しずつ今を生きる感覚を取り戻しつつあると思います。

この本は、経験を通した悩みに、アドバイスをしてくれる本だと感じます。

困ったときは、いつでもこの本に戻ってこよう。そんな風に思えます。

この本を読み返したときが、本当に”勇気”を出せるときだと思う。

おわりに

「嫌われる勇気」は大ベストセラーで有名すぎる本ですが、この本を知らなくて悩みを抱えている人にぜひ読んでほしいと思い、今回取り上げました。

内容はもちろん、青年のセリフやナレーションで使われるフレーズのセンスが良くて読んでてフフッと笑えるし、対話形式なのでサクサク読めますよ。

読んだことのない人はぜひ読んでみてください!